水取日土志の
SAKE DIPLOMAへの道
【語呂合わせ問題集】

日本酒・焼酎のソムリエ「SAKE DIPLOMA(サケ・ディプロマ)」に合格した水取 日土志(みずとり ひとし)が、「SAKE DIPLOMA」資格認定を目指す皆さまに贈る検定試験の対策講座、「語呂合わせ問題集」編。

日土志といっしょなら試験なんか怖くない!
お酒にまつわるアレコレを、楽しみながらレッツスタディ!

目指せ! SAKE DIPLOMA

日土志の語呂合わせ問題集2019 vol.14

問題

第40問山田錦が命名された年はいつか、次の中から1つ選びなさい。
1926年
1936年
1946年
1956年
第41問1962年、兵庫県産山田錦が史上最高の出荷量となった。その年の兵庫県産山田錦の検査数量として適当なものを次の中から1つ選びなさい。
7,786t
13,167t
29,451t
90,185t
第42問1963年、兵庫県では山田錦の作付面積が最大を記録した。その作付面積として適当なものを次の中から1つ選びなさい。
4,667ha
5,430ha
6,336ha
7,840ha

解答

  • 第40問

    「1936年」

    1936(昭和11)年、「山渡50-7」が「山田錦」と命名、栽培奨励品種に採用された。その原種の生産・配布が行われる。
    (J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p36,p38-39)

     
     
     
     
     

  • 第41問

    「29,451t」

    1962(昭和37)年、兵庫県の山田錦が史上最高の出荷量。
     7,786t」は、2014年の美山錦の全国の検査数量。
    ◆13,167t」は、2014年の新潟県の検査数量(全品種総計)。
    ぁ90,185t」は、2014年の全国の検査数量(全品種総計)。
    (J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p30-31,p40)

     

  • 第42問

    「7,840ha」

    1963(昭和38)年、兵庫県の山田錦作付面積が「7,840ha」と最大を記録。
     4,667ha」は、2016年の作付面積(2016年は山田錦生誕80周年の年)。
    ◆5,430ha」は、2018年の作付面積(出典:兵庫県/兵庫の酒米|兵庫県ホームページ)。
    「6,336ha」は、2016年の酒米全体の作付面積(出典:兵庫県/兵庫のお米|兵庫県ホームページ)。
    (J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p40)

遠くに見える後輩が行くサロンは山田優と同じサロン。
遠くに見(1923年)える後輩(交配)が
行くサロ(1936年)ンは山田(山田錦)優と同じサロン。
【語呂の説明】
おそらく後輩は意識高い系である。
(J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p36,p38-39)
山田優も一苦労、荷が重すぎる尽くす恋。
山田(山田錦)優も 一苦労、荷(1962年)が
重すぎる(出荷量最大)尽くす恋(29,451)。

【語呂の説明】
今でこそ理想の夫婦の代名詞ともなっている小栗旬くん山田優さんカップルだが、
馴れ初めは、結構波乱を伴うお付き合いだったと覚えている。
「荷が重すぎる」で出荷量が多いことをイメージ。
(J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p30-31,p40)
山田優も一苦労、作品最大ヒットで名は知れ、フレイム寄る妙なアクターいる。
山田(山田錦)優も 一苦労、作(1963年)品最大ヒットで
名は知れ(7,840)、フレイム(2016年)寄る妙な(4,667)アクターいる(ヘクタール)。

【語呂の説明】
山田優さん、主演映画の大ヒットで有名になると、
SNS用に自撮りしているとき、勝手にフレームインしてくる妙な俳優が増えたとか増えないとか……。
「作品最大ヒット」で作付面積最大をイメージ。
(J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p40)

語呂合わせの補足

1.兵庫県の酒造米栽培の歴史 その1
・1923年 山田穂(やまだぼ)と短稈渡船(たんかんわたりぶね)を人工交配
→1923(大正12)年 は、「関東大震災」が発生した年
・1936年 山田錦と命名される
→1936(昭和11)年 は、「二・二六事件」が発生した年

歴史的事件と合わせて考えると、酒米品種の育成が古くから行われ、いかに重要だったかを知り、感慨深い。


2.兵庫県の酒造米栽培の歴史 その2
1962(昭和37)年の兵庫県産山田錦、史上最高の出荷量「29,451t」は、2014年の兵庫県の酒米出荷量全体「26,199t」をかるーく上回る。
なお、1962(昭和37)年は、「キューバ危機」「アルジェリア独立」があった年。


3.兵庫県の酒造米栽培の歴史 その3
・2016年の兵庫県の山田錦の作付面積「4,667ha」
・2016年の兵庫県の酒米全体の作付面積「6,336ha」
つまり、いまだに兵庫県で栽培される酒米のうち、約4分の1が山田錦である。

なお、兵庫県の山田錦作付面積が「7,840ha」と最大を記録した1963(昭和38)年は、「部分的核実験停止条約」締結の年。日本酒飲んで世界平和!

日土志のおすすめRecommend

※このコーナーで取り扱っている内容、および出題される設問は、かがた屋酒店が独断的解釈に基き作成したものであり、日本ソムリエ協会(J.S.A.)とは一切関係がありません。なお、商業目的での転載は固くお断りいたします。あくまでも個人的楽しみの範疇でご活用ください。

SAKE DIPLOMA(サケディプロマ)とは

日本ソムリエ協会(J.S.A.)主宰の狷本酒・焼酎に特化“した認定制度で、正式名称は
「J.S.A. SAKE DIPLOMA」(2017年発足・新設)。いわば日本酒・焼酎のソムリエのこと。

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、日本食が国際的な注目を集める中、その果たす役割が重要な位置を占める日本酒と焼酎。そんな日本酒・焼酎に関する知識と技量の向上によって、国際舞台における日本の食文化が、より一層普及・向上すること、またそれを担う人材の育成を目的に新設された認定制度です。

ちなみに『ディプロマ』とは認定機関が発行する卒業証明書のこと。
ディプロマ取得者は、ある特定の課程を修了し、学位や単位を取得したことを示す。つまり、SAKE DIPLOMAって、言い換えれば『酒博士』ってことだね

ページトップへ