水取日土志の
SAKE DIPLOMAへの道
【語呂合わせ問題集】

日本酒・焼酎のソムリエ「SAKE DIPLOMA(サケ・ディプロマ)」に合格した水取 日土志(みずとり ひとし)が、「SAKE DIPLOMA」資格認定を目指す皆さまに贈る検定試験の対策講座、「語呂合わせ問題集」編。

日土志といっしょなら試験なんか怖くない!
お酒にまつわるアレコレを、楽しみながらレッツスタディ!

目指せ! SAKE DIPLOMA

日土志の語呂合わせ問題集2019 vol.15

問題

第43問「農産物規格規定」における醸造用玄米(酒造好適米)の品位が、6段階の等級に分類された年はいつか、次の中から1つ選びなさい。
1981年
1991年
2001年
2011年
第44問2016年は山田錦生誕から何周年に当たる年か、次の中から1つ選びなさい。
50
60
70
80
第45問兵庫県の1938年の村米格付け表において、最も評価が高かった集落はどこか、次の中から1つ選びなさい。
西奥
米田
稲田
楠原

解答

  • 第43問

    「1991年」

    醸造用玄米(酒造好適米)は、「農産物規格規定」により、その品位が「特上」「特等」「一等」「二等」「三等」「規格外」の6段階の等級に分類された。
    (J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p24-25,p40)

     
     
     

  • 第44問

    「80」

    2016(平成28)年、山田錦生誕80周年。2036(令和18)年で100周年。オイラまだ生きてるかな……。
    (J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p41)

     
     
     
     
     

  • 第45問

    「米田」

    1938(昭和13)年の村米格付け表では、美嚢郡中吉川村米田(みのうぐんなかよかわむらよねだ)が最高評価の集落となっている。
    ∧禿弔魎泙瓠↓\庄、0霤帖↓て鏝 は、特A-a地区 である現・吉川町に位置する集落。
    (J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p39,p41)

等級、くいっと六段階。特に上&等、ひふみんは規格外!
等級(19)、くい(91)っと六段階(6段階品位)
特に上&等(特上、特等)、ひふみん(一二三 = 一等、二等、三等)は規格外(規格外)!。

【語呂の説明】
史上最年少の14歳2か月で四段となり、プロ入りを果たした藤井聡太棋士は、第11回朝日杯将棋オープン戦(2017年)で羽生竜王にも勝って優勝し、六段に昇段した。こちらも最年少記録(15歳6か月)である。 皮肉にも、それまで史上最年少のプロ入り記録を持っていた ひふみん(加藤一二三棋士)との対局が、プロデビュー戦であり、これにも勝っている。
このように藤井聡太棋士の戦績は、歴代の名棋士と比較してもとりわけ上等で申し分ないものだが、そんな彼に対し、ひふみんは講演会で「私は天才だが彼は秀才」と言ってのけた。流石のひふみんである。規格外というほかないな。
注意する点は、「特上」「特等」であって、「上等」にならないこと。そのため、語呂に「&」を入れている。
(J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p24-25,p40)
山田優、匂いも素敵なエイティーズ。
山田(山田錦)優、匂いも(2016)素敵なエイティーズ(生誕80周年)

【語呂の説明】
山田優さんが1980年代のエイティーズ・ファッションの格好でSNSに投稿されている。
80年代といえば香水も忘れてはならない。シャネルなどのラグジュアリーブランドからも多くの官能的な香りの香水が誕生した。
山田優さんが今日のファッションに合わせた香水はきっと、1985年、ディオールから出たプワゾン(Poison)だろう。
……なんつて、香水を買ったことのない日土志です、日土志です、日土志です……。
(J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p41)
戦ヤダ。格好付けでも仲良く米だ!(戦ヤダ。格好付けでも仲良か最高だよね!)
戦ヤ(1938年)ダ。格好付け(格付け)でも仲良く(中吉川)米だ(米田)!
戦ヤ(1938年)ダ。格好付け(格付け)でも仲良か(中吉川)最高(格付けで最高評価)だよね(米田)!

【語呂の説明】
戦争に限らず、争い事は嫌いだ。選挙前の国民へのカッコ付けでも何でもいいから、まずは両国首脳とも仲良く同じ釜の飯を食おうよ。話はそっからだよ。Be cool!
それと、格付け最高評価のニュアンスを入れて、もう1パターン考えました。米田が「だよね」と業界用語みたいになっちゃっているけれど……
(J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p39,p41)

語呂合わせの補足

1.醸造用玄米(酒造好適米)の品位について
各「等級」の ◎整粒歩合、◇比率について
・「特上」 ◎90%以上 ◇1,7%
・「特等」 ◎80%以上 ◇21.2%
・「一等」 ◎70%以上 ◇57.1%
・「二等」 ◎60%以上 ◇12.0%
・「三等」 ◎45%以上 ◇5.8%
・「規格外」◎45%未満 ◇2.2%

◎整粒歩合は、形状が整った米粒の割合のこと。特定名称酒に使用できるのは三等以上。◇比率は、醸造用玄米の各等級の検査数量比率(参照元:農林水産省「平成26年度産米の農産物検査結果(確定値)」)。
「三等」や「規格外」の比率は意外にも低い。それだけ米農業者の技術が高いということだろう。


2.兵庫県の山田錦
・1923(大正12)年 山田穂(やまだぼ)と短稈渡船(たんかんわたりぶね)の人工交配により山田錦が誕生
・1936(昭和11)年 山田錦と命名、県の奨励品種に採用。その原種を生産・配布開始
・2016(平成28)年 山田錦生誕80周年

山田錦生誕80周年は2016年ですから、80年前は1936年。人工交配によって誕生した1923年ではなく、選抜や何やら色々施した後、「山田錦」という名で正式デビューした1936年を起点とします。


3.兵庫県の村米格付け表
1938(昭和13)年の村米格付け表では、美嚢郡中吉川村米田(みのうぐんなかよかわむらよねだ/現在の三木市吉川町米田)は、一石(150kg)当たり「44円10銭」と基準価格より「1円高」の最高評価を受けている。
格付けは全12ランクあり、米田村上久米(現在の加東市上久米)の一石(150kg)あたりの価格「43円10銭」が基準価格となっている。
なお、最低ランクは、「3円下」の「40円10銭」。

日土志のおすすめRecommend

※このコーナーで取り扱っている内容、および出題される設問は、かがた屋酒店が独断的解釈に基き作成したものであり、日本ソムリエ協会(J.S.A.)とは一切関係がありません。なお、商業目的での転載は固くお断りいたします。あくまでも個人的楽しみの範疇でご活用ください。

SAKE DIPLOMA(サケディプロマ)とは

日本ソムリエ協会(J.S.A.)主宰の狷本酒・焼酎に特化“した認定制度で、正式名称は
「J.S.A. SAKE DIPLOMA」(2017年発足・新設)。いわば日本酒・焼酎のソムリエのこと。

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、日本食が国際的な注目を集める中、その果たす役割が重要な位置を占める日本酒と焼酎。そんな日本酒・焼酎に関する知識と技量の向上によって、国際舞台における日本の食文化が、より一層普及・向上すること、またそれを担う人材の育成を目的に新設された認定制度です。

ちなみに『ディプロマ』とは認定機関が発行する卒業証明書のこと。
ディプロマ取得者は、ある特定の課程を修了し、学位や単位を取得したことを示す。つまり、SAKE DIPLOMAって、言い換えれば『酒博士』ってことだね

ページトップへ