水取日土志の
SAKE DIPLOMAへの道
【語呂合わせ問題集】

日本酒・焼酎のソムリエ「SAKE DIPLOMA(サケ・ディプロマ)」に合格した水取 日土志(みずとり ひとし)が、「SAKE DIPLOMA」資格認定を目指す皆さまに贈る検定試験の対策講座、「語呂合わせ問題集」編。

日土志といっしょなら試験なんか怖くない!
お酒にまつわるアレコレを、楽しみながらレッツスタディ!

目指せ! SAKE DIPLOMA

日土志の語呂合わせ問題集2019 vol.18

問題

第52問浸漬直前の白米水分が1%低いと、浸漬時の白米吸収率はどうなるか、適当なものを次の中から1つ選びなさい。
約2%高くなる
約3%高くなる
約4%高くなる
約5%高くなる
第53問明治後期、山廃造りを確立した人物を次の中から1つ選びなさい。
嘉儀金一郎
三浦仙三郎
野呂金一
田中玄宰
第54問酒造場数が81社で全国2位の県を次の中から1つ選びなさい。
山形県
新潟県
長野県
兵庫県

解答

  • 第52問

    「約3%高くなる」

    浸漬直前の白米水分が1%低いと、白米吸収率が約3%高くなるという法則がある。つまり、白米が乾いていると吸収過多になるため注意が必要である。
    (J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p54)
     
     
     
     

  • 第53問

    「嘉儀金一郎」

    明治後期、大蔵省醸造試験所の嘉儀金一郎が「山廃仕込み」を考案。その後、会津の酒蔵において実証試験醸造を行い、山廃造りが確立される。
    (J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p114)

     

  • 第54問

    「長野県」

    長野県の酒造場数は、81社と新潟に次いで多く、全国2位(2016年 長野県酒造組合HP)。酒造好適米生産量も全国3位だ。
    (J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p118-119)

     

白米大好き、一休さん。
白米大好き(吸)、一(1%低いと)休(吸収率)さん(約3%高くなる)。

【語呂の説明】
一休さんだって、白い飯が大好きや。

この語呂合わせは、浸漬前の白米水分が低いと、白米吸収率が上がってしまうという法則を分かっていることが前提だ。
(J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p54)
山廃は福を呼ぶ鍵、合図です。
山廃は福(福島)を呼ぶ鍵(嘉儀金一郎)、合図(会津)です。

【語呂の説明】
山廃造りは、福を呼ぶ鍵であり、山廃造りのお酒を飲むことは福を呼ぶ合図でもあるんです。
だって名前は金一郎、金運も呼び込むカギでもあるのさ。
(J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p114)
修造の苦手球威、ロングのハイ。標語録の復習無為?!
修造(酒造場数)の苦手(新潟)球威(91社)、
ロング(長野県)のハイ(81社)。
標語(兵庫県)録(69社)の復習(福島)無為(61社)?!

【語呂の説明】
松岡修造さんの苦手な球種(「球威」だと意味変わってしまうけどご勘弁を)は、足の長いショット。
ライン間際の深い位置でバウンドするため、高い位置で打ち返さなければならない球種だ。
修造語録で精神論だけ反復しても、実践しなければ意味はない。

だからやろうよ、今すぐ! キミならできる!!
(J.S.A.SAKE DIPLOMA 教本 p118-119)

語呂合わせの補足

3.酒造場数ランキング他
■酒造場数 2016(平成28)年
1位 新潟県 91社
2位 長野県 81社
3位 兵庫県 69社
4位 福島県 61社

■酒造好適米の生産量 2014(平成26)年
1位 兵庫県 26,199t
2位 新潟県 13,167t
3位 長野県 7,144t
4位 富山県 4,703t

手元にデータはないが、酒造場数5位はおそらく「福岡県」。その後、同率6位の51社で「山形県」「広島県」が続く。
なお、酒造場数は、毎年減っていっているため、2019年現在はこの限りではない……。

日土志のおすすめRecommend

※このコーナーで取り扱っている内容、および出題される設問は、かがた屋酒店が独断的解釈に基き作成したものであり、日本ソムリエ協会(J.S.A.)とは一切関係がありません。なお、商業目的での転載は固くお断りいたします。あくまでも個人的楽しみの範疇でご活用ください。

SAKE DIPLOMA(サケディプロマ)とは

日本ソムリエ協会(J.S.A.)主宰の狷本酒・焼酎に特化“した認定制度で、正式名称は
「J.S.A. SAKE DIPLOMA」(2017年発足・新設)。いわば日本酒・焼酎のソムリエのこと。

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、日本食が国際的な注目を集める中、その果たす役割が重要な位置を占める日本酒と焼酎。そんな日本酒・焼酎に関する知識と技量の向上によって、国際舞台における日本の食文化が、より一層普及・向上すること、またそれを担う人材の育成を目的に新設された認定制度です。

ちなみに『ディプロマ』とは認定機関が発行する卒業証明書のこと。
ディプロマ取得者は、ある特定の課程を修了し、学位や単位を取得したことを示す。つまり、SAKE DIPLOMAって、言い換えれば『酒博士』ってことだね

ページトップへ