「水曜に取り寄せたお酒で土日(週末)を楽しむ」がモットー(志向)。
毎日をゆるく生きる水取 日土志の緩ライフを毎週ゆる〜くご紹介。

さて、今週はどんな緩ライフを過ごしているでしょうか……

今週の晩酌酒 vol.87

8月9日解禁! SEXY完熟酒2018 完全ガイド

年一回の大人気独自企画! ギュギュっと凝縮、
甘うまセクシービームで悩殺!



めっちゃセクシーーー!!


オイラのこと?!
ではないの、今回に限っては……。

何がセクシーかというと、
今年で13年目、毎年恒例となっている
かがた屋酒店独自の夏企画、
残暑見舞いの新風物詩! こと
「SEXY完熟酒」のことである。

もう13年目もやっているっていうのに
ぜんぜん知らなーいという貴方に、
それから、毎回楽しみに待っている
という方にも改めて、ワタクシ日土志が
今年は 8月9日(木) 解禁 となる
「SEXY完熟酒」の魅力をお伝えいたす。

と、その前に、2018年夏の
ラインナップをご紹介。
驚き 桃の木 山椒の木
ブリキにタヌキに 洗濯機
やってこいこいやってこいこい大巨神!
じゃなくてセクシーズ!



写真左から
SEXY完熟酒2018/無想 1800ml
SEXY完熟酒2018/山吹極 1800ml
SEXY完熟酒2018/姿 1800ml
SEXY完熟酒2018/たかちよ 1800ml(完売)

SEXY完熟酒2018/無想 SEXY完熟酒2018/山吹極 SEXY完熟酒2018/姿   

1980年代初頭、バブル前夜の気風を受けてか、
当時は真新しく、実際それまでは、
蔵元に赴かなければ飲めなかった、
火入れ殺菌をしていない搾りたての新酒
「生酒」が好んで飲まれるようになった。

生酒のよさはみずみずしく、
フレッシュな味わいにある。
また、好みは分かれるが、
風味が安定していないことで、
荒々しさを併せ持っている場合もある。

というのも、
生酒は火入れ(加熱殺菌)せずに
出荷されるため、麹菌が生成する
酵素が活動を続ける。
そのため、瓶詰め後であっても
味が安定しないという可能性を
はらんでいるわけだ。

また、火落ち菌と呼ばれるある種の
乳酸菌に侵され、老(ひ)ね香や
ムレ香といった不快な香りを伴う
劣化のリスクを抱えている。




こうして、火入れはこれまで
お酒を搾った直後に1回、瓶詰め時に1回の
計2回行われるのが一般的であった。

しかし、現代においては
酒造りの技術や品質管理、流通、
酒を扱う人々の意識の向上により、
以前に比べ劣化のリスクは減り、
一過性の生酒ブームではない
“生酒新時代”とでも言うべき時代に
突入している。

では、“生酒新時代”とは何か?
そのカギがこの「SEXY完熟酒」にあると
かがた屋酒店スタッフの中型ルーキー、
バカボン七段(しちだん)は言うんだけど……

でもさ、
日本酒が完熟って……、しかもSEXYて……
「ま、飲んでもらえば分かる」って、
バカボン七段の談……。




んだば、日土志なりに解説するとこうなる。

お察しの通り、
「SEXY完熟酒」って生酒。
2回どころか、1回も火入れしていない。

生酒は、割と早い段階で飲まれるのが一般的。
ところが「SEXY完熟酒」は、
冬場に搾ったお酒を蔵の冷蔵庫で低温貯蔵。
もう季節は8月だから、
半年を優に越える熟成を経ての出荷となる。

いわゆる「生熟」と呼ばれる手法だが、
このように「生」のまま熟成させる効果は何か……。

さっきも言ったけれど、
火入れ(加熱殺菌)をしていないため、
酵素は生きたまま。
すると、搾った後も酵素が働きっ放しで、
まだ分解し切れていない液中のデンプンちゃんを
最終目的ブドウ糖へと糖化し続けるのだ。

だから、普通の日本酒より 甘〜〜〜い!
それに糖化によって トロッとする!

めっちゃセクシー!
熟した色気が半端ない! 妖艶!
酒もヒトも熟してナンボ。
ぴちぴちヤングには醸しだせない味だ。
峰不二子女史のように。
あとオイラのように、なんつて。




つまり、“生酒新時代”においては
男であっても、斎藤工俳優のように
セクシーさが問われるってことだな。

ほら、暑いからって
EXILE公式飲料(レモンサワー)や
井川遥が作ってくれるソーダ割り(ハイボール)
ばっか飲んでると、セクシーさは養われないし、
夏バテ防止にもならん。
「SEXY完熟酒」飲んでしっかり
糖分チャージだぜーー?!?!

ハァハァ。
さて、ひとしきり騒いだ上、
「SEXY完熟酒」で糖分摂取し、
興奮も落ち着いてきたところで
SEXY完熟酒2018全4銘柄、全部セクシーなんだが、
かがた屋酒店のスタッフに一人ずつ簡単に、
各人おすすめの一本がどんだけセクシーか
教えてもらおっか。

どんだけーーーー?!


SEXY完熟酒2018/無想(むそう)滓絡み純米吟醸生原酒 1800ml

かがた屋酒店スタッフ名鑑
仕事人ファイルNo.001 新社会人カトシ
(別称・カーチータ)


華やかフレッシュな酸と甘み。
ピリリと舌を刺激しキレて行くしぼりたてから
半年以上の月日を経て、
あの頃のフレッシュさを残しつつ、
甘味が増し厚みのある味わいへと
確かな熟成 (成長)を遂げたその姿にメロメロです。
う〜ん、セクスィー。



SEXY完熟酒2018/山吹極(やまぶき)生もと純米生原酒 1800ml

かがた屋酒店スタッフ名鑑
仕事人ファイルNo.002 よっちゃん
(かがた屋No.1 セクシーダイナマイツ)


“うちのお酒は寝かせてなんぼ!”
と蔵元さん。
今年のSEXY完熟酒4種の中で、唯一の生もと。
生熟によってトロピカルな完熟フルーツの
雰囲気を引き出しています。
熟成が酸に伸びやかさを生み、
色んな温度帯で楽しめる仕上がりに。
(もちろんお燗でも)
これぞ旨味と酸の調和。
まだまだノビシロを感じさせる一本です。



SEXY完熟酒2018/姿(すがた)純米吟醸無濾過生原酒 1800ml

かがた屋酒店スタッフ名鑑
仕事人ファイルNo.003 新人ブーチータ
(三人の子持ちパパ)


姿の生熟「SEXY完熟酒」!
このフレーズを聞くだけで
期待感を膨らまさざるを得ない。。。
このトキメキ、まさか、恋!?

半年以上の想いを募らせた姿は
元来の甘味がさらにコク深くなり
口に含むと旨味、甘味がジュワッと広がる。
しかし、程よく感じる酸味によって
ダレることなく柔らかな余韻を残し、キレる。
ただ甘いだけじゃない、これぞオトナの妖艶さ。
誰もがメロメロ間違いなし。



SEXY完熟酒2018/たかちよ おりがらみ生原酒 1800ml(完売)

かがた屋酒店スタッフ名鑑
仕事人ファイルNo.004 サトシ
(バカボン七段と同期)


僕は元々、甘いお酒が好きなので、
「たかちよ」が大好きなんですが、
これマジでウマいです。
香りは他の「たかちよ」と同じく割と穏やかかな。
でも、口に含んだ瞬間ふわっと甘さが広がる、
ほっぺが溶ろける甘さ。スウィートでヤバい。
甘いのでガツンと濃い味の料理と合わせてみたいっすね。
あ、でも完売か……、しょうがないっすねぇ。



かがた屋酒店スタッフの皆さん、
ご協力ありがとうございました!




↑「SEXY完熟酒 たかちよ」は先日の予約会で
完売なので、実際に買えるのは上写真の
3銘柄のみだ。コンプリート未完につき無念。


これまで、
簡単に生熟、なまじゅく言っとりますけど、
実際は長期間の繊細な温度・湿度管理が必要なわけで、
酒蔵さんにとっては大変なコストがかかってます。

だって、すぐに売ってしまえばお金になるんだもの。
いわば在庫リスクを抱えるようなものだから、
経済の原則から考えると
高速道路を逆走しているようなもん。

だけど、ここに携わる人たちは、
時間=価値として捉えることのできる人間だ。
だからオイラたちはその価値に共鳴し、対価を支払う。
対価といったって、安すぎるくらいさ。
価格見たでしょ?! って
あんまり説明が過ぎると無粋なので
この辺で止めておくけど、
兎に角、
火入れ酒熟成にはない、生酒熟成ならではの
押し寄せる芳醇な味わいをご堪能あれ。

残暑お見舞いセクシービーーーーーーーーーム!




ハァハァ……ちなみに、
解禁日の8月9日は、
秋酒(ひやおろし、秋あがり)解禁の
ちょうど一か月前。
秋酒までSEXY完熟酒で待つ……
うーん、Sounds good, いいじゃない♪

提案!
「SEXY完熟酒」解禁日はもう
国民の祭日にしちゃえばいい笑

では最後に、
くれぐれも、かがた屋酒店以外で
「SEXY完熟酒」を頼むなかれ!
売ってないのでね。

ほしたばー!




SEXY完熟酒とは……

かがた屋酒店独自の企画なので、
他の酒屋で「SEXY完熟酒下さい」と言っても
通じません(笑)



フレッシュな搾り立てだけが酒じゃない。
時間=劣化じゃない。
時間=熟成デス。
果実と同じように
酒も寝かせせることで甘味がアップ!
ゆっくり冷蔵庫で寝かせ
甘味を引き出したセクシー完熟酒。
酒もヒトも熟してこそ味が出る。
ピチピチな若者には醸し出せない味がある。
ちょっと熟した色気、艶感を召し上がれ。
身体が糖分を欲しがる夏に完熟酒で糖分チャージ!
火入酒熟成にはない、
生酒熟成ならではの押し寄せる芳醇な味わいをご堪能下さい。
合言葉は生熟旨トロ&峰フジコ。
無くなり次第終了です。

数に限りがあります。
お早目にご注文ください。





日土志が飲んでいるお酒

SEXY完熟酒2018/無想(むそう)滓絡み純米吟醸生原酒 1800ml

商品を見る

日土志が飲んでいるお酒

SEXY完熟酒2018/山吹極(やまぶき)生もと純米生原酒 1800ml

商品を見る

日土志が飲んでいるお酒

SEXY完熟酒2018/姿(すがた)純米吟醸無濾過生原酒 1800ml

商品を見る

プロフィール

水取 日土志
(みずとり ひとし)


38歳(男性・独身)。西小山在住。
近所のかがた屋酒店でお酒を買って晩酌するのが一番の楽しみ。
出世するつもりは毛頭なく、職場でもお酒のことばかり考えている。
最近、ウンチクが過ぎて部下にウザがられていることを自覚したのか、
酒屋で仕入れた情報は、もっぱら猫か、かがた屋の新人にだけ話している。
西洋かぶれの一面もある。外見からは想像できないくらいチャーミング。

ページトップへ