水取日土志の
SAKEディプロマへの道

お酒をこよなく愛する水取 日土志(みずとり ひとし)が、
日本酒・焼酎のソムリエ「SAKE DIPLOMA(サケ・ディプロマ)」の
資格認定を目指し、奮闘する姿を追っていく、
いわば検定試験の対策講座です。

SAKEディプロマとは

日本ソムリエ協会(J.S.A.)主宰の狷本酒・焼酎に特化“した認定制度で、正式名称は
「J.S.A. SAKE DIPLOMA」(2017年発足・新設)。いわば日本酒・焼酎のソムリエのこと。

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、日本食が国際的な注目を集める中、その果たす役割が重要な位置を占める日本酒と焼酎。そんな日本酒・焼酎に関する知識と技量の向上によって、国際舞台における日本の食文化が、より一層普及・向上すること、またそれを担う人材の育成を目的に新設された認定制度です。

ちなみに『ディプロマ』とは認定機関が発行する卒業証明書のこと。
ディプロマ取得者は、ある特定の課程を修了し、学位や単位を取得したことを示す。つまり、SAKEディプロマって、言い換えれば『酒博士』ってことだね

日土志といっしょなら試験なんか怖くない!
お酒にまつわるアレコレを、楽しみながらレッツスタディ!

目指せ! SAKEディプロマ

祝☆合格! J.S.A. SAKE DIPLOMA

今週のテスト

Q31.次の中から、吟醸酒タイプの日本酒を飲む温度として、適温と思われるもの1つ選びなさい。
0〜6℃
6〜8℃
8〜12℃
15〜18℃
Q32.日本酒を飲む器の中で、熱伝導率が高いため、注いだ瞬間の液体の温度変化を最も小さく抑えることができるものはどれか、次の中から1つ選びなさい。
切子の器
ブランデーグラス
錫や銅などの金属の器
Q33.日本酒を注ぐ器の中で、注ぎ口が片方のものを片口、両方にあるものを諸口(両口)と呼ぶものはどれか、次の中から1つ選びなさい。
銚子
徳利
瓶子
ちろり

解答

  • Q31.

    「8〜12℃」

    日本酒のタイプ別に、適温と推奨している飲用温度帯は以下の通り。
    ■吟醸酒タイプ:8〜12℃(冷酒)
    ■普通酒・本醸造酒・純米酒の生酒タイプ:6〜8℃(冷酒)
    ■普通酒・本醸造酒・純米酒など:15〜18℃(常温)
    ■生もと系純米酒・熟成古酒など:18〜20℃(常温

  • Q32.

    「錫や銅などの金属の器」

    金属製の器は熱伝導率の高さから外気温の影響を受けやすい。そのため保温効果を期待するなら陶器やガラス等、他の素材で作られた器を選ぶほうがよい。その代わり、適温に調整したお酒を注ぐ際、器をあらかじめ液体の温度にしておく必要があるとも言える。

     
     
     
  • Q33.

    「銚子」

    徳利は元来、何升も入るような大きなもので、日本酒だけでなく醤油や酢、穀物の貯蔵や運搬に用いられていた。1合・2合の小さな徳利は江戸時代になってから普及しはじめ、酒を盃に直接注ぐのに使われるようになった。こうして、お酒を注ぐという機能が銚子と同じことから、徳利のことを「銚子」や「お銚子」と呼ぶようになり、現在に至る。
     
     
     
     

飲む温度のこと
日本酒はタイプによって様々な温度帯で飲まれ、それぞれ適温とされる温度帯がある。
ところでその昔、「冷や」や「冷や酒」といえば常温のことで、「冷酒」はなかったそうな。それもそのはず、冷蔵庫がない。
とはいえ、北国の冬の夜、屋外の「冷や」なら「冷酒」だ。その逆に真夏で暖かくても同じく「冷や」ってわけさ。納得いかない。
もし「冷や」の呼び名が詳細に分岐していったなら、我が国の呑み助の文化も、より風流で深いものとなるんじゃないかと思うんだが、
いかがかしら皆様。

日土志メモ
日本酒は様々な温度帯で飲まれるって話はしたけれど、飲む器や注ぐ器も多種多様。
さすがは融通無碍で八百よろずな日本であるが、食事の器にしても飲む器にしても、この多種多様な器の在り方が、文化としての「和食」をより深淵で得難いものにしている。四季の移ろいのように。

そういえば先日、テレビ朝日「モーニングショー」(8:00〜10:00)のワンコーナー『継ぐ女神」で、平泉の秀衡塗(ひでひらぬり)という漆器を取り上げていた。
何度も何度も漆を塗る手間のかかった逸品。豪華品は高くて手が出ないが、「ぐい飲み」は5,000円前後と手頃で、先の伊勢志摩サミットで各国首脳に渡す贈答品に採用されたのだとか。実に欲しい。あと薩摩切子や錫製の酒器も欲しい。
だってやっぱり器って重要☆

さぁて、今週のテスト、皆んなは何問できたかな?
次回は、いよいよソムリエっぽい。日本酒と料理についての相性についてだよ。お楽しみに。
ほいじゃあ、バイナリー!!

日土志のおすすめRecommend

※このコーナーで取り扱っている内容、および出題される設問は、かがた屋酒店が独断的解釈に基き作成したものであり、日本ソムリエ協会(J.S.A.)とは一切関係がありません。なお、商業目的での転載は固くお断りいたします。あくまでも個人的楽しみの範疇でご活用ください。

ページトップへ