水取日土志の
SAKEディプロマへの道

お酒をこよなく愛する水取 日土志(みずとり ひとし)が、
日本酒・焼酎のソムリエ「SAKE DIPLOMA(サケ・ディプロマ)」の
資格認定を目指し、奮闘する姿を追っていく、
いわば検定試験の対策講座です。

SAKEディプロマ(SAKE DIPLOMA/酒ディプロマ)とは

日本ソムリエ協会(J.S.A.)主宰の狷本酒・焼酎に特化“した認定制度で、正式名称は
「J.S.A. SAKE DIPLOMA」(2017年発足・新設)。いわば日本酒・焼酎のソムリエのこと。

「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、日本食が国際的な注目を集める中、その果たす役割が重要な位置を占める日本酒と焼酎。そんな日本酒・焼酎に関する知識と技量の向上によって、国際舞台における日本の食文化が、より一層普及・向上すること、またそれを担う人材の育成を目的に新設された認定制度です。

ちなみに『ディプロマ』とは認定機関が発行する卒業証明書のこと。
ディプロマ取得者は、ある特定の課程を修了し、学位や単位を取得したことを示す。つまり、SAKEディプロマって、言い換えれば『酒博士』ってことだね

日土志といっしょなら試験なんか怖くない!
お酒にまつわるアレコレを、楽しみながらレッツスタディ!

目指せ! SAKEディプロマ

祝☆合格! J.S.A. SAKE DIPLOMA

今週のテスト

Q40次の中から、焼酎の二次醪の発酵温度として適当なものはどれか1つ選びなさい。
10℃前後
20℃前後
30℃前後
40℃前後
Q41.「単式蒸留しょうちゅうの表示に関する公正競争規約」に定義されている、長期貯蔵酒と表示できる基準として正しいものはどれか、次の中から1つ選びなさい。
3年以上貯蔵し、ブレンド後の総量の50%を超えるもの
3年以上貯蔵し、ブレンド後の総量の70%を超えるもの
5年以上貯蔵し、ブレンド後の総量の50%を超えるもの
5年以上貯蔵し、ブレンド後の総量の70%を超えるもの
Q42.平成27年制定の「酒類の地理的表示に関する表示基準」において、使用が禁止されない表示はどれか、次の中から1つ選びなさい。
東京都品川区で製造された「薩摩焼酎(品川産)」
長崎県で製造された「球磨式焼酎」
山梨県で製造された「琉球ワイン」
石川県白山市以外で製造された「Hakusan Sake」

解答

  • Q40.

    【30℃前後】


    日本酒の醪は、一般的に発酵が旺盛な中期でも20℃未満である。吟醸酒においては最高品温が10〜11℃ほど。このため醪期間を1カ月以上経ることも珍しくない。

    これに対し、日本酒の酒母に相当する焼酎の一次醪は最高品温が30℃くらい。同じく日本酒醪に相当する二次醪も30℃前後と高いため発酵が旺盛で、日本酒に比べると醪期間が短い。
     
     
     
     

  • Q41.

    【3年以上貯蔵し、ブレンド後の総量の50%を超えるもの】

    公正取引委員会および、消費者庁が認定し設定される公正競争規約において、長期貯蔵の表示基準は、「3年以上貯蔵したものが、ブレンド後の 総量の 50 パーセントを超えるものでなければ、長期貯蔵又はこれに準ずる趣旨の表示をしてはならない」とある。

     
     
     
     
     
     

  • Q42.

    【山梨県で製造された「琉球ワイン」】


    「酒類の地理的表示に関する表示基準」では、地理的表示に指定された産地以外を産地とする酒類に地理的表示の名称を使用することができない。ワインでいえば、フランス・ボルドー地区で造られたワインでなければ、ボルドーワインと名乗れないのと同じである。

    但し、「琉球ワイン」のように酒類区分を跨いで使用する場合はOK。つまり、「琉球」は、酒類区分が『蒸留酒(単式蒸留しょうちゅう)』の場合の地理的表示であり、異なる酒類区分である『ぶどう酒』で使用しても問題ないのだ。
     

酒類の地理的表示に関する表示基準
(Q42の解説続き)
「酒類の地理的表示に関する表示基準」では、地理的表示に指定された産地以外を産地とする酒類および、当該地理的表示に係る生産基準を満たさない酒類について地理的表示の名称を使用することができない。 というのがまず前提としてある。
例えると、ボルドーで造られ、なおかつ、決められた基準をちゃんと満たしたワインじゃないとボルドーワインと名乗っちゃダメってこと。

その上で、 峪摩焼酎(品川産)」のように、「〇〇産」という断り書きを例え入れたとしても、指定された産地「鹿児島県(奄美市及び大島郡を除く)」から外れている場合は、地理的表示の「薩摩」を使用できないのだ。
◆峙緞畆鮎特顱廚蓮地理的表示「球磨」に「〜式」と付随表現を入れて、なんとなくごまかしてはいるが、指定された産地から外れているためアウト。
ぁHakusan Sake」というように地理的表示「白山」を他の言語に翻訳して使用した場合も、指定された産地から外れているためアウト。

なお、Q42の問題で登場した地理的表示は、「薩摩」「球磨」「琉球」(酒類区分はいずれも蒸留酒)、「白山」(同・清酒)である。ほか、「山梨」(同・ぶどう酒)、「日本酒」(同・清酒)等がある。

日土志メモ
ワインに代表されるように、伝統産業とその産地を守る地理的表示の制度は、日本産酒類全般においても以前より定められてきた。
しかし、旧表示基準では十分でないことから、2015(平成27)年10月、全ての酒類を対象とした「酒類の地理的表示に関する表示基準」(平成27年 国税庁告知第19号)が定められ、“新”表示基準が誕生したのである。

さぁて、今週のテスト、皆んなは何問できたかな?
ついにテキスト一巡。まずはお疲れさま。
次回から、復習・まとめに入ります。

時間はかかったけど、なんとかひと通り見てきた感じ。つ、疲れた……。
でもまだ未だこれからが本番っ!

次は、自分の血や肉になるよう
もう一度深く読み込んでいこうと思う。
分かりにくい箇所は自分なりに書いてみる、のもいいかも。
ほいじゃあ、バイナリー!!

日土志のおすすめRecommend

※このコーナーで取り扱っている内容、および出題される設問は、かがた屋酒店が独断的解釈に基き作成したものであり、日本ソムリエ協会(J.S.A.)とは一切関係がありません。なお、商業目的での転載は固くお断りいたします。あくまでも個人的楽しみの範疇でご活用ください。

ページトップへ